インタベンションについて

ギャンブル依存症は俗に否認の病と言われ、ギャンブラーは多くの問題を巻き起こし、生活が立ち行かなくなっているにも関わらず、ギャンブルをやめようとしない、もしくは自分でやめられると、現実を認めようとしません。
 
ギャンブル依存症者を持つご家族は「ギャンブラーにどう対応して良いかわからない」「お金を渡さないと脅したり暴れたりする」「家族も疲れ切り、自分たちの生活も脅かされている」といった悲痛なお悩みを抱えたまま、打開策も見当たらず、問題が長期化してしまいます。
 
そこでグレイス・ロードでは、そういった依存症家庭のこう着状態を打開するために、インタベンションを導入致しております。
 
インタベンションとは「介入」という意味で、インタベンショニストがご家族と共に、ギャンブラーご本人の否認を解き、ギャンブル依存症当事者を、回復施設「グレイス・ ロード」へと繋げるまでの一連の手法を言います。
 
長年、ご家族との話し合いでは堂々巡りになってしまっていた問題も、このインタベンションという手法を使うと、ギャンブル依存症で苦しんでいる当事者を回復の方向へ向けることが可能になります。
 

どのような方法で?

インタベンションは下記のような流れで、実際にギャンブラーご本人を施設へと繋いでおります。
お電話によるご相談
・これまでの経緯の把握
・現在の状況とタイミングの検討
・タイムスケジュールと実施プランのご説明
インタベンションの実施
○ 提携インタベンショニスト ○
 
グレイス・ロードでは、総合プロデューサーでもあり、ギャンブル依存症問題を考える会 代表の田中紀子と提携を結び、インタベンションを実施致しております。
田中紀子の詳しいプロフィール等についてはこちらのホームページをご覧下さい。
 
(社)ギャンブル依存症問題を考える会