ご挨拶

代表挨拶

厚生労働省の2017年度調査によると、生涯でギャンブル依存症が疑われる人は推定320万人。この数字は成人人口の3.6%にあたり、28人に1人がギャンブル依存症の疑いがあることを示しています。
昨今、ギャンブル依存症問題が注目されておりますが、日本におけるギャンブル依存症からの回復環境はまだまだ整っていないのが現状です。
 
私共「グレイス・ロード」は、ギャンブル依存症に苦しむご家族の趣旨・意向に賛同し当事者の回復支援のお手伝いをさせていただきたく、2014年にギャンブル依存症専門の回復施設を開設しました。
私はギャンブル依存症の当事者ではありませんが、多くの方々に支えられながら山梨県で他の依存症回復施設を運営してきました。
この経験をどうぞ活用ください。活用して頂けることを願っております。
 
ギャンブル依存症で苦しんでいる当事者のお役に立てれば幸いです。
ギャンブル依存症で苦しんでいるご家族のお役に立てれば幸いです。
多くの方々のお役に立てれば喜びです。
 
回復の一助として「グレイス・ロード」をお使いください。
皆様に育てていただき、社会資源として愛されることを願います。

一般社団法人グレイス・ロード
代表 佐々木 広